プロフィール

ブログを始めたきっかけ

  • 経験や考えを蓄積したい
  • 経験や考えを共有したい

これまで自身の経験や考えを手書きのノートやパソコン上に記録してきました。それらを共有する手段としてブログを作りました。これまでゲーム開発に関するテック系ブログやインドネシアの日記調のブログを公開してきましたが、今回が初めてのドメインを取得してサーバーをレンタルしての運営になります。

経歴紹介

生まれ〜小学(1991 – 2003)

  • 名前:しょうぞう
  • 誕生年:1991年
  • 出身地:愛媛県
  • 血液型:A型

生まれは愛媛。祖母祖父、父母、兄姉の7人家族でした。
祖母と祖父(2009年)は私が中学生と高校生の時に亡くなり、それ以来、5人家族で過ごしてきました。もともと地主の家計で昔から農業を営んでおり、愛媛の気候条件から主に稲作・里芋・柑橘類を現在も出荷しています。

幼稚園・小学生低学年の頃は、近くに住む同級生と林に行ってカブトムシを採取したり、同級生の家に行って、ボードゲーム(将棋・囲碁)・カードゲーム(遊戯王)・テレビゲーム(ニンテンドー64)をして友達と毎日遊んでいました。小学3年の時に、従兄弟の影響で書道を習い始め、書道を始めてすぐに展覧会ごとに賞を受賞するようになりました。高学年の頃は、周りの友達と比べて勉強ができていたことや書道で頻繁に賞を獲得していたことから、クラスの中で目立つ存在でした。

習事(小学):書道(3年 – 6年)/ 水泳(5年 – 6年)/ 学習塾(5年 – 6年)

中学〜高校(2003 – 2010)

中学生になると、女の子の目線を気にし始め、やんちゃなグループと真面目なグループの両方とうまく付き合おうとしていました。部活動は、幼稚園からの幼馴染3人組で卓球部に入りました。小学生の頃から私の父親が高校の廃材としてもらってきた卓球台でよく遊んでいたので、卓球経験がそれなりにありました。それまで市内大会で敗戦していた母校は、私たちの活躍で四国大会に出場するようになりました。(一世代で有名になり、次の世代から昔に戻ったようです。笑)

高校は近隣市町村の中で評判の良かった進学校に進み、大学受験勉強に青春時代を費やしました。
当時、第一志望だった名古屋大学工学部に入れず、それ以外の選択肢(大阪府立大学工学部、東京理科大学工学部、中央大学工学部)の中から高校先生のアドバイスを参考に大阪府立大学を選びました。大学受験当時は、何を学ぶかより大学名ばかり見ていました。(機械工学科を選んでいたのは担任の先生が将来潰しが効く言ってたからでした。)

習事(小学):学習塾(中学1年 – 高校3年)

大学時代(2010 – 2014)

その後、大阪府立大学工学部機械工学科に進学。
機械工学の理論勉強に面白さを見出すことができませんでしたが、講義は一応まじめに受けていたこともあって学科内75人中10位内の成績で学部を終えました。
研究室(ゼミ)配属の際に、植物工場技術の開発拠点として国に指定され大規模な研究施設を持っていた研究室に配属し、博士課程の先輩に指導を受けながら研究のいろはを学びました。その時に出会った生物学(細胞生物学)という学問を通して世の中の物事の見方が変わるという良い意味でショッキングな経験をして、生物学、生命の歴史、人類の歴史を学ぶことに没頭しました。

大学院時代(2014 – 2018)

進路に迷う中(植物工場関連の研究に没頭できず、また生物学の研究の道に舵を切れず)、たまたま目にしたインドネシア交換留学の募集を見て、これだと直感で思い応募することにしました。案の定、インドネシアに行きたい人(変わり者)は私以外に1人もおらず、書類を書いて特に問題なく奨学金をいただくことになり、インドネシアに留学しました。(研究留学ではなく、学部生も対象の言語文化体験を目的とした留学)

インドネシア語という習得して将来何に役に立つのか全くわからない言語を、奨学金を頂いていること、誰しもができない機会を頂いているという意識から、これまで感じたことのなかった使命感のようなものを感じ、我武者羅に勉強しました。また、4ヶ月という本当に限られたインドネシア滞在期間中に私にできることは何かという意識が常にあり、それを常に意識し実行することで、これまで感じたことのない充実感と幸福感の中で生活を送りました。(この成功体験が、これまでの私の考えを少し変え、新しいことを挑戦するようなマインドになりました。)

4ヶ月の交換留学期間では、言語能力を日常会話で全く苦労しないレベルに達すること、多くの人から沢山の気づきや施しを得るのが精一杯で、今度は私がインドネシアの人に何か恩返しをしたいという思いに駆られ、インターン生という形で現地のゲーム会社で働くことにしました。(拠点はバンドンからジャカルタに移動)

ゲーム会社でゲーム開発をして約1年6ヶ月経った頃、やっと自分の中で区切りが付き、来年度は大学院に復学し就職活動を行い自身が活躍できる場を全力で探したいと考えるようになりました。インターン先を選んだ際に、企業の属す業界や業界の将来性などほとんど調べずに選んだため、今回行う就職活動ではしっかり比較検討した上で、企業を選びたいという思いがありました。また、海外で獲得した能力を客観的に評価できるように語学試験を受け、TOEIC840・インドネシア語技能検定試験C級をとりました。帰国後、自身の専攻(機械系)も含めて様々な業界の方に接し、やはり情報系企業に魅力を感じ、最終的に大手ICT企業に決めました。

会社員時代(2018 – )

(これから)来年度より、東京で大手情報通信企業で働く予定です。

趣味

  • ランニング(マラソン)
  • 勉強
  • 旅行
  • 読書
  • ものづくり
  • 情報を蓄積すること
  • 使っているPC
    Macbook Air 2013 11inch
    1.3GHz Core i5
    メモリ4G
    128GB SSD

最近のお気に入り

  • カバン